忍者ブログ   
admin
  犬訓練士の気まぐれ日記  URL https://leading-dog.com/
                       
   
本日は、他の犬に向かって吠える生後10か月の小型犬のトレーニングに伺いました。
吠えるだけのみならず、「近寄って行って噛みつこうとする」とのことで、これが本当なら深刻な問題です。

本日は朝から子供の用事が2件。
8:30頃、1件目の用事に送迎し、終了時刻にあわせてお迎え⇒その足でそのまま次の予定場所へ・・・・その後のご訪問となるため、レッスンは11時~。
本日は良いお天気なので、果たしてそんな時間に犬はいるの・・・・?ふと不安になり、急きょ我が家のキャビィを出動させました。

到着後少しお話を聞いたのち、早速外へ・・・・
通常は胴輪で散歩されていて首輪は持っていないとのことでしたが、胴輪では全く対処が効かない犬もいるため、胴輪と併せてキャビィの首輪を装着。ひとまずいつも通り胴輪にリードを付けて、すぐ近所の公園へ行ってみますが案の定犬の気配はありません。

すぐに車に戻りキャビィ出動!あら、首輪がなかったわ(^-^;

まあそんな物はどうにでもなります。持ち手にリードを通し投げ輪状にして代用。


「あのぉ、なんとなく違和感あるんですけど・・・・」

公園の入り口で待っていたワンのところに戻ります。
ところが、キャビィが前から歩いてくるのをじっと見ていましたが、いつも通りには吠えません。目の前まで行くとしばらくクンクン・・・・
「いつもならもう吠えるんですけど・・・・」と飼い主様が言っていた矢先に、ようやく吠え始めました。
吠え方を見ていると、吠えながら前に出て口を「パクッ」とさせ音を立てているので、やはり噛みつこうとしているようにみえます。
元々ドッグランで嫌な思いをしてしまった過去があるようで、それ以来このような行為をするとのこと。

ドッグランは犬慣れやリフレッシュにとって良い場所ではあるのですが、残念ながらそこで嫌な思いをし、それ以降苦手なワンが増えたり吠えるようになったりと、様々な弊害も耳にします。ご利用の際にはいきなりリードを外さず、少し様子見(自分の犬や他の犬を観察する)の時間をおいてから放すことをお勧めしています。

さてこのワンコ、そのあたりの様子を説明しているうちに我が家の犬に慣れてしまったらしく、その後吠えなくなってしまいました。吠えた際の対処のトレーニングをしたいのに、犬に会えないのでは意味がありません。

ひとまずリードの引っ張りや拾い食いの際の対処のトレーニングをおこないました。
吠えたり、拾い食い、臭い嗅ぎなどするワンコの場合、リードの引っ張りはその衝動を助長することが多いため、リードの引っ張りをやめさせることも重要です。

本日は犬に会えず吠える場面を殆ど見られなかったため、仕切り直しをすることにしました。

本日は、初回相談+体験レッスンで様子を見て今後を決める予定でしたが、60分で終了し、3回コースで様子を見ることになりました。
次回は何としても犬がいる時間帯に予定しなければなりません。
飼い主様の都合&犬の出没時間帯&私の都合をあわせ、次回木曜早朝5:30にレッスンすることになりました(^-^;
今週は、月・火・水・金・土とすでに朝の時間帯に仕事が入っているのですが、5:30~はその中でもダントツに早い!お天気が悪くなければよいのですが・・・・と言っても他のお宅もお天気悪いとトレーニングできない場合が多いのですけどね。

次回はたくさんの犬に会えるといいな・・・・
それまでに、まずは首輪のご用意をお願いします!

さて、木曜日寝坊しないように気を付けなくちゃ!(^-^;
PR
   
   
                 
  
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 8
9 11 12 14 15
17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
リーディング
性別:
女性
職業:
ドッグトレーナー
趣味:
緑と水辺のある自然の中で過ごすこと・家庭菜園・読書
自己紹介:
神奈川県川崎市で
出張訓練をおこなう犬訓練士

Caby:ミニチュアプードル ♀
     (2012.10.16生まれ)
Shio :黒猫♂(2014.6月生まれ)

長男:中学校1年生
長女:小学校2年生
夫 :損害保険業・
   車のコーティング業を自営

お星様
Fio :黒猫♂(2013.1.22天国へ)
Cano:フラットCR ♀
       (2013.7.3天国へ)
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) リーディング ブログ ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++