忍者ブログ   
admin
  犬訓練士の気まぐれ日記  URL http://leading-dog.com/
                       
   
「ボク、この部屋から出ちゃいけないんだ・・・・」

息子が猫アレルギーのため、勝手にこの部屋から出ることを許可されていないシオ。
まあ、時々探索に出ることもあるけれど、呼べばだいたいすぐに戻ってきます。

なかなか、犬並みにしつけられています。

拍手

PR
   
  
   
   
                       
   
昨夜夕飯を食べながらふとキャビィを見ると、ちょっと首を右に傾けた状態でこちらを見ていました。
その首の角度はわずかで、下の写真ほど目立つものではなかったものの、経験上すぐに違和感を感じた私は、食事中にも関わらず、すぐに耳の中をチェック。
左耳と比べると少し赤みがありますが、今のところ臭いは問題ありません。


 「みっ、耳がぁ・・・・」

私は、外耳炎を疑うとまずすぐに赤みと臭いをチェックしますが、外耳炎の耳からは、明らかに通常とは違う異臭がします。
特に垂れ耳ワンコの場合、穴に耳がかぶさって蓋をしているため臭いもわかりにくく、外耳炎になっても全く気付かない飼い主様も多くいらっしゃいます。
そのため私がトレーニング中に気付いて指摘をすると、皆様とても驚かれます。
ちなみに私は、自称「外耳炎発見器」です!殆どの場合、臭いで気づきます。

実はこれからの季節(梅雨~夏)は、外耳炎に要注意です。
普段から時々耳の中をチェックし、健康な状態で臭いをかいでみてください。そうすれば、いざ悪くなった時にはいつもと違う臭いがするため、すぐに判断することができます。
ただ、マメな耳掃除はお勧めできません。
中には、耳掃除で擦った刺激が原因で外耳炎になる子も沢山いるのです。

健康な子なら、月1~2回くらいで問題なし。
月1回シャンプーしていれば、その時だけでも十分です。

マメな耳掃除は不要ですが、マメな耳チェックは欠かさないでくださいね。
特に梅雨の時期、数日雨続きの時などは、ほんの数日で一気に悪化することもあります。
冬でも、床暖房のお宅などで、いつも同じ側を下にして横向きで寝ているワンコなども要注意ですよ。

キャビィも今後、しっかりチェックしてあげなくては!

拍手

   
  
   
   
                       
   
真っ黒猫は、どこがなんだかさっぱりワカラナイ・・・・
でも、猫は目が金色だからまだいい方かも?

拍手

   
  
   
   
                       
   
外はものすごい北風。寒い日はここが一番!
でも、たまにヒゲがチリチリしてます(^-^;

拍手

   
  
   
   
                       
   
月に一度シャンプー&トリミングをしているキャビィさん。
シャンプー前のブラッシング、毛を伸ばしながらのブロー、シャンプー後のカット。
全ての作業に都度、手間と時間がかかります。

そのため、「そろそろ」の時期になるとかなりブルー。
元々作業自体は嫌いではないのですが、一度にやるには、
私にとってはあまりにも膨大な作業量で、如何せん疲れます・・・・(^-^;

さて、本日は私のうっかりミスで体を汚してしまったので、
急きょ午後からシャンプーをおこなうことになりました。
午後からキャビィのシャンプーをするのは初めて。
そのため、作業を極力最低限に絞り、急ピッチで作業しましたが、
結局所要時間はあまり変わらず3時間少々。その割にはかなり雑な仕上がりとなりました。

洋服も汚してしまったので、
義母が近所の動物病院?で貰ってきた洋服を間に合わせで着せました。

ブローの加減?でだいぶ前髪がかかってしまい、
かつ、こんなお洋服で、ほぼヤンキーかヤーさんです(^-^;


  ワイルドだろぉ?

拍手

   
  
   
   
                       
   
今朝もようやくこの部屋にお日様が当たり始めました。

早速目ざとく見つけたシオ。自分だけの特等席で光合成でもしているの?



拍手

   
  
   
   
                       
   
我が家のキャビィは、先月満4歳を迎えました。

元々はトレーニングのお客様だったワンコ。
それが、愛猫フィオが亡くなり、半年と経たないうちに愛犬キャノが亡くなり・・・・
我が家のワンニャンたちが亡くなるたびに「1匹引き取ってもらえないか?」と、ブリーダー兼トリマーのお客様から頼まれ続け、生後11ヶ月でついに我が家に迎え入れました。

我が家の犬には、コマンドを掛けた時
「グレーチングの上で排泄をし、道路を必要以上に汚さない。」
というのが、私なりのこだわりルール。本犬の足も絶対に汚れないので一石二鳥!

ところが生後11ヶ月でやってきたキャビィは、なんと散歩で一切排泄ができず、
グレーチングやマンホールのふたの上なども当然歩けませんでした。

外で排泄できるまでには数日でしたが、実際、スムーズに外で排泄できるまでには、
半年?一年?スムーズのとらえ方にもよりますが、私の中では結構かかった印象かなぁ。
やっぱり成犬からは結構難しい。

一方、別メニューとしてグレーチングやマンホール上を歩かせる練習も並行して続けていました。最初はもう、ビビッて大変!
でも、ビビッてかわいそうだからと避けるのは私の考えではありません。
何でもないものを、勝手に怖いものと認識し、苦手なものを増やしてしまう方が、
日々それらにいちいち反応しなければならず、彼らにとってはストレスだろう!
というのが私の考え方。

そして2歳くらいから少しずつグレーチング上での排泄の機会を設け、徐々にできるようにはなりました。それでも「できることなら避けたい。」という雰囲気のキャビィでしたが、近頃はこの細目?のグレーチングであれば、スムーズに排泄できるようになってきました。


     きゃ~、恥ずかしぃ~!!

できることなら大もここでして欲しいのですが、大は外でするのをやや避ける傾向があり、まだまだ修行中。
それでも3年かけてじっくりゆっくり、我が家の犬に育てております。

元々かなりのビビり家系で、なんでもマイナス思考のためかなり大変でしたが、それでも彼女の性格なりに頑張っていますよ!

皆さんのわんこも、苦手であきらめていること思い当りませんか?
努力次第で案外克服できるかも?!

拍手

   
  
   
   
                       
   
自分で、プードル「キャビィ」のトリミングをするようになり早1年半。
その後も頑張って、ほぼ月1回のペースでシャンプー&トリミングをしています。

ところで、我が家でちょっと気になっているのが水道代。
息子は風呂場でジャージャー、私は食器洗いでジャージャー。
月一回のシャンプーでもジャージャー、相当日々ジャージャー水を出しています。
夏前には「水がめが!」と騒いでいたのに、協力体制ゼロ。
我が家はエコじゃないですねぇ・・・・いけませんね。

一応シャンプーする時には、お風呂の残り湯も少し使っているのですが、
結構腰も痛くなるので、使うのは水かさの多いうちだけ。
しかしながら今回は、ちょっと心改め、できる限り残り湯を使ってシャンプー。
シャワーは、最後に流すときだけにして頑張ってみました。

いつもの1/5量くらいで済んだのではないかと思います。
カットもできるだけ常に短くキープし、ドライヤーも最低限に。
これはエコへの意識よりは、自分の楽のためですが(^-^;


 右奥に小さく見えるのは補助輪取ってから自転車にはまっている娘

翌日は、久しぶりに主人とお散歩。ちょっと暑かったけど、よかったね♪

拍手

   
  
   
   
                       
   
猫は家の中で一番心地よい場所をみつける天才と聞いたことがあります。
冬はもちろん陽だまりやこたつですが、夏だってその能力を発揮します。
夏場、猫のいる場所に行ってみると「お!ここ、いい風がくる」なんて事がよくあります。

床で暑そうにぐで寝しているシオのため、主人がゼロハリの鞄を出してやりました。
アルミ製の冷たい鞄にすぐに気づいたシオは、速攻この状態。


        結構ひどい格好ですね・・・・

鞄の上でも「ぐで猫」は変わりませんでした。

写真撮影のために近づいても・・・・



微動だにしないシオでありました・・・・

拍手

   
  
   
   
                       
   
日曜日、キャビィの実家であるトリマーさんが所有する、
Mプードル(ブラウンカラー♀)さんの訓練試験CDX(30科目)を受験するため、
埼玉県のショー会場まで行ってきました。

CD1.2(家庭犬訓練試験初等科&中等科)を受験した一昨年には、匂い嗅ぎなども多く、
ふらふらした動きで、まだまだトレーニング不足な感がありましたが、
昨年4月のCD3(20科目)ではなかなか良い動きをし、V(優)合格をゲット。

今回CDXの受験では、待ち時間が長く到着から開始まで3時間半も待たされてしまい、
ちょっと集中力が落ちましたが、それでも無難にテキパキとこなし、V合格できました。

以前は、この親元であるトリマーさんに月1回トリミングのお世話になっていましたが、
昨年2月の2回目のトリミング教室参加以降自分でシャンプー&カットをするようになり、
このお宅でトレーニングする犬も、このブラウン以降いないため、
この犬がママになるまでは、しばしの間顔を出す頻度もかなり減ると思われます。

昨年4/29にちょこっと会わせて以来、
一度も親元のトリマーさんにキャビィを見せることなくほぼ1年が経過しました。

本日は、親元と同じ動物病院にお世話になっているため、
狂犬病ワクチン接種のため車に乗せて仕事に同行。

ほぼ1年ぶりに親元のトリミングサロンにキャビィを連れて行きました。
カットを自分でやるようになり1年以上、何を言われるのかと本当にドキドキ。
ちょうど翌日にシャンプー予定だったので、そこを言い訳しつつ・・・・(^-^;

2月に、頭の毛を縛るスタイルから変更したため、
耳周辺のラインが本当に気になっていましたが、大体OK、合格点をもらえたようです(?)
私の2回目の参加後、教室の時に指導にいらっしゃる大先生が、
「あの子(私の事です)はもう来ないわよ。だってできるもの」とおっしゃっていたそうで、
あら~うれしい(^^♪
カットの上手下手とかそういう次元の話ではなく、
利き手でないほうの手の動きがちゃんとできているのだとか。
つまり、犬が思わぬ動きをした時にもすぐに対処できて、
ペースを崩さずに作業ができている、という意味なのかな?と思います。

そして本日自宅にてシャンプーカット終了。
また耳周辺のラインがおかしくなり、伸びるまで待てるか不安ですが、
何とかごまかせている感じです。

久しぶりの実家訪問でキャビィはおやつ貰ったりお土産貰ったりと至れり尽くせり。
「やっぱり実家はいいなぁ~」とキャビィが思ったかどうかは知りませんが・・・・


 カット終了後、まだまだ寒いのに背中
バリカン仕上げなのでお洋服着用です(^-^;

拍手

   
  
   
   
                       
   
毎月恒例のプードルの毛刈りをしました。


    刈られ中・・・・

なぜ「毛刈り」かって?
それは、最も面積の広い背中の毛をバリカンでカットしているからです。
それどころか、四肢の毛も大雑把にバリカンで毛量減らしてからシャンプーに入ります。
バリカン説明書には「必ずシャンプーしてから使って下さい」っと書いてありますけどね(^-^;

ところで、私、普段腰痛もちではないのですが、
パソコンの前に長時間座ったときや、授業参観で1時間立ちっぱなしでいたとき、
そして最もつらいのが、この毎月のシャンプー&カットの日。
とにかく、一定時間以上同じ姿勢をしていた時には、必ず腰痛が来ます。

1~2か月ほど前に、テレビで腰痛の特集をやっていました。
元々健康番組大好きで、この話題もよく視てはいるのですが、
普段からの腰痛もちではないので、それほど気にしていませんでした。
が、今回の番組の中では、ちょっとした心がけのみだったので、
意識して実行してみたところ、

2/11のシャンプー
2/20の授業参観
3/16のシャンプー

上記3回とも、うそのように全く腰痛が出ませんでした。
特にシャンプーの時は、5時間以上風呂椅子に座っているため、
毎回本当にきつかったのですが。本当にびっくりです。

で、その方法は・・・・?

普段腰を前傾させてしまうことが多い私。
座っているときでも立っているときでも、腰をかがめるときでも、
適度に腰を反らせるといいそうです。
腰痛の気になる方、ちょっと試してみては?
ただ、おそらく普段「そり腰」の方はやらないほうがいいかもしれませんね。

拍手

   
  
   
        
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
リーディング
性別:
女性
職業:
ドッグトレーナー
趣味:
緑と水辺のある自然の中で過ごすこと・家庭菜園・読書
自己紹介:
神奈川県川崎市で
出張訓練をおこなう犬訓練士

Caby:ミニチュアプードル ♀
     (2012.10.16生まれ)
Shio :黒猫♂(2014.6月生まれ)

長男:小学校6年生
長女:小学校1年生
夫 :損害保険業・
   車のコーティング業を自営

お星様
Fio :黒猫♂(2013.1.22天国へ)
Cano:フラットCR ♀
       (2013.7.3天国へ)
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) リーディング ブログ ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++