忍者ブログ   
admin
  犬訓練士の気まぐれ日記  URL https://leading-dog.com/
                       
   
本日、オーストラリアン・ラブラドゥードゥル生後4ヶ月♂の初回トレーニングに行ってきました。

ゴールデンドゥードゥルやスタンダードプードルはトレーニングしたことがありますが、ラブラドゥードゥルは初めて!
でも、過去にトレーニングしてきたGドゥードゥルやスタンプーはとても扱いやすく穏やかな子たちでしたので、ラブラドゥードゥルもやりやすいのではないかと期待していました。

このお宅での一番のお悩みは要求吠え。そしてトイレのお悩み。

要求吠えについては、最初からだったのか?あるいは徐々に増えてきたのか?を確認すると、徐々に増えてきた。とのこと。
最初はほとんどなかった要求吠えが徐々に出てきた場合、これは100%飼い主様の接するタイミングが影響しています。そのお宅や飼い主様に慣れ、自然に声が出始めるのですが、この、吠えはじめの時期の対処の仕方、接するタイミングが、その後に大きく影響します

結果としては、犬が声を出せば飼い主様が反応してくれる。声を出した方がお得!と理解してしまった結果です。

声を出したら無視する。と言う基本方針はわかっていて実行もしているのですが、やはり可愛らしい我が子に負けてしまうのか、日常でのお話を聞いていくとNGなタイミングが幾つか見えてきました。
吠える時はかなり大きな声で吠えるので、今のうちに、と上記タイミングの修正を心がけていくようお話ししました。

トイレに関しては、特に行動範囲を広げてしまうと粗相が増えるようでしたので、しばらくは範囲を狭めること、そしてフリーにして気を抜いても良いのは、1ヶ月以上粗相がみられなくなってからにしてください。とお伝えしました。

その後、ハウスから出る際の「マテ」と、「ハウス」のコマンドでケージに入る練習、さらに服従姿勢などをやりましたが、「マテ」と「ハウス」のコマンドや視符をよく見て聞いて判断し、しっかりやってくれました。
若さゆえそれなりにやんちゃでも、落ち着いて判断する能力は◎。
やはり、ドゥードゥルやスタンプーはやりやすいな~、と改めて感じました。

飼い主様も「うちの子賢い!?」とおっしゃっていましたが、はい!そう、賢いんです。
ただ、教えないことにはその賢さを発揮することはできません。やればできるのに、やらないのはもったいない!
せっかく賢い子なのですから、是非、これから、一緒にトレーニング頑張って、磨き上げていきましょう!

拍手

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
        
           
  
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
リーディング
性別:
女性
職業:
ドッグトレーナー
趣味:
緑と水辺のある自然の中で過ごすこと・家庭菜園・読書
自己紹介:
神奈川県川崎市で
出張訓練をおこなう犬訓練士

Caby:ミニチュアプードル ♀
     (2012.10.16生まれ)
Shio :黒猫♂(2014.6月生まれ)

長男:中学校1年生
長女:小学校2年生
夫 :損害保険業・
   車のコーティング業を自営

お星様
Fio :黒猫♂(2013.1.22天国へ)
Cano:フラットCR ♀
       (2013.7.3天国へ)
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) リーディング ブログ ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++