忍者ブログ   
admin
  犬訓練士の気まぐれ日記  URL http://leading-dog.com/
                       
   
マンホールや側溝の網蓋などの上を歩くのが苦手な犬、多いですよね。
生後11か月で我が家にやってきたキャビィもそうでした。
「こんな物にビビってるなんて我が家の犬じゃない!」と、
慣らしトレーニングをして数か月、ようやく平然と歩けるようになり、
今ではトイレだってここですることができます。



お客様のワンコでも、パピーであればできる限り慣らすようにしています。
なぜ?怖がっている物を無理に慣らそうとするのか?
そう思われる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

私は、
「なんの危険もない物を無駄に怖がって過ごすより、慣れるまで一時的にストレスは増えても、これが危険なものでないことを教えてあげた方が、最終的には本犬の負担(ストレス)は少ない」と考えているからです。
これをパピーの頃から怖いと思い、一生、十数年間お散歩のたびに避けて通るより、
数日、数回慣らして慣れるのであれば、
早く慣らして日々のそれに対するストレスを無くしてあげたいのです。

現在3か月後半のコリーさんは、ちょっと不安なことがあると、
確認をするより、まずはいち早くその場から逃げよう!というタイプ。
何でもかんでもまずはその場からの回避を試み、時にパニック行動も起こします。

でも、若いので、慣れもそれなりに早い!
徐々に様々なもの(近くを通る車や、工事の音などなど)に慣れてきたので、
トレーニング数回目、マンホール慣らしも始めました。
2日間ほどはだいぶパニックっぽい動きも見せましたが、3回目後半からは徐々に慣れ、
4回目には何食わぬ顔で上を歩き、マンホールの臭いをクンクンする余裕も・・・・
慣れてしまえば、本当に「何食わぬ顔」です。



いつも言いますが、私は、避けるより慣らす派です。
その方が、最終的には犬の負担は少ないと思っています。
そしてそれは当然、やるなら早い方がいい!のです。

無理に慣らそうとして、余計に怖い思いをさせるようなミスだけはしないよう、
十分な注意も必要ですが、皆さんもぜひ、愛犬の怖いもの慣らし、
ちょっとチャレンジしてみてください。
(動きのあるものについては、あまりお勧めできません。
例えば・・・・私は素早く動くゴキブリだけは一生慣れないかなぁ・・・・Σ(゚Д゚))

拍手

PR
   
   
                 
  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5
12 14 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
リーディング
性別:
女性
職業:
ドッグトレーナー
趣味:
緑と水辺のある自然の中で過ごすこと・家庭菜園・読書
自己紹介:
神奈川県川崎市で
出張訓練をおこなう犬訓練士

Caby:ミニチュアプードル ♀
     (2012.10.16生まれ)
Shio :黒猫♂(2014.6月生まれ)

長男:小学校6年生
長女:小学校1年生
夫 :損害保険業・
   車のコーティング業を自営

お星様
Fio :黒猫♂(2013.1.22天国へ)
Cano:フラットCR ♀
       (2013.7.3天国へ)
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) リーディング ブログ ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++