忍者ブログ   
admin
  犬訓練士の気まぐれ日記  URL http://leading-dog.com/
                       
   
昨日、お客様のお宅へ向かう車中で、メールの着信音が鳴りました。
時間はまだ、朝7:00前。
こんな時間なので、これから向かうお宅で
何かあったのかと思いながらメールを開くと・・・・届いたのはショートメール。

内容を読むと、十年以上前にレッスンしたワンコ。
なんと、キャノの旦那様、ジノくんのパパ犬(Gくん)飼い主様からでした。

彼は、8月で13歳になる予定。
キャノ同様に、フラットCRとしてはまあまあ長生きさんです。
たまたまフェイスブックから久しぶりに繋がり、
「お互いに頑張ろうね!」と励ましあっています。

キャノは色々病気も出ていますが、
彼は今のところ、ちょっと足元がおぼつかなくなってきた程度で、
内臓の方は健康なようです。素晴らしい

それが昨日のメールでは、先週から自力で歩けなくなり(支えればまだなんとか歩く)、
日曜日から食欲がないとのこと。
獣医さんに連れて行ったのか、内臓はほぼ正常とのことで、
どうしたものかとヘルプメールでした。

去年夏、ちょうどキャノが似たような状態になったので、
早速私なりの対処を伝え、様子を見ていただくことに・・・・

 様々なワンコの状態もありますので一概に全てではありませんが、
 水を飲むなら、まずは経口保水液OS-1はお勧めします。
 人間用ですが、最近は動物病院でも置いてあるところもあります。
 (通常、薬局で売っています)
 点滴を飲んでいるような効果です。

彼はその後、少しフードとクッキーを食べてくれたとのこと。
そして本日、昨夜はお肉を結構食べてくれたとご報告をいただきました。

また、床ずれから少々出血があるとのこと。
私は残念ながら床ずれ(褥瘡)に関する知識はないのですが、
私のかかりつけ医師が、褥瘡治療に力を入れている先生なので、
その受け売り知識やHPアドレスをお伝えし、参考にしていただければとお伝えしました。
飼い主様は皮膚科医の先生なのですが、包帯などで処置してもすぐに外れてしまい、
じっとしてくれない、全身毛で覆われた犬のこととなると、
なかなか思うようにはいかないようです・・・・

床ずれに悩まれている方は、下記参考になさって下さい。

動物病院 エル・ファーロ
http://homepage3.nifty.com/elfaro/

私の、大学時代の先輩獣医さんでもあります!

老犬は、季節の変わり目や、夏の暑い時期など、
どうしても体調を崩しやすいタイミングがあります。
でも、それを乗り越えられれば、案外また次の年まで頑張れたりするものです。

実際キャノがそうですし、17歳まで頑張った知り合いのラブちゃんも、
晩年は夏ごとに「もう今年はダメかも」と思うほど毎年体調を崩したとおっしゃっていました。

獣医さんに「今夜が山です!」と言われたワンコを一晩中抱きしめて温め続け、
その後回復し、それから2年以上生きられたワンコもいました。

Gくんもきっと大丈夫、乗り越えられるはず!
13歳は目前だよ!頑張れ~!!


     2003.1.11(2歳半の時のお写真)

拍手

PR
   
   
                 
  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5
12 14 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
リーディング
性別:
女性
職業:
ドッグトレーナー
趣味:
緑と水辺のある自然の中で過ごすこと・家庭菜園・読書
自己紹介:
神奈川県川崎市で
出張訓練をおこなう犬訓練士

Caby:ミニチュアプードル ♀
     (2012.10.16生まれ)
Shio :黒猫♂(2014.6月生まれ)

長男:小学校6年生
長女:小学校1年生
夫 :損害保険業・
   車のコーティング業を自営

お星様
Fio :黒猫♂(2013.1.22天国へ)
Cano:フラットCR ♀
       (2013.7.3天国へ)
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) リーディング ブログ ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++